【最新刊】ランボオ詩集

ランボオ詩集

中原中也訳

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ランボオ(1854―1891)と中原中也(1907―1937).早熟早世の二人の詩人の個性がぶつかり合って生まれた〈化合物〉とも言うべき訳詩集.中也は自らの詩人としての嗅覚を頼りにランボオの詩を読み解き,いわば無手勝流に見事な〈中也節〉で訳し上げてみせた.本書は小林秀雄訳『地獄の季節』と好一対をなす.(解説=宇佐美斉)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/05/21
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • ランボオ詩集
      2020/10/27

      いかんせん、いくら中原中也とは言え、和訳自体の現代和訳が必要。はっとするのは、後書きの、ランボオは異教徒であった、くらいか。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード