バッカイ

エウリーピデース作/逸身喜一郎訳

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「それ行け バッカイ 行け バッカイ」.木ヅタの冠,皮の衣,からだに蛇を巻きつけて,女たちは家を飛び出し山野を疾走する.「小賢しいことは知恵ではない」――陶酔と理性,自然と人智のはざまで,優しく恐ろしい神ディオニューソスと人間の直接対決がはじまる.ギリシャ三大悲劇詩人エウリーピデースの最後の悲劇.

    続きを読む

    レビュー

    5
    3
    5
    3
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/06Posted by ブクログ

      ギリシャ神話でのディオニューソスは「狂乱」を司る神である。そしてバッコイと呼ばれる女たちの姿もまさに狂乱である。でもこの物語はただ人々が取り乱す物語ではない。憎悪、執着、復讐心──登場人物を動かす全て...

      続きを読む
    • 2013/09/11Posted by ブクログ

      本文は訳であっても韻律を想像させる。訳注と訳者解説は古い文献の欠落や付け足しを見極めようとする古典文献学の面白さが門外漢である私にも伝わる。

    • ネタバレ
      2013/05/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード