今流行りのアドラーは、異世界でも通用しました。

著:神城咲弥 監修:岩井俊憲

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冴えない大学生が、「アドラー心理学」で世界を救う! ? 自分に自信がなく、何事も諦めがちな大学2年生の主人公・拓海。 ある日、とんだ手違いで異世界に召喚されてしまう。召喚した側も「間違えた! 」と大騒ぎするものの、元の世界に戻るには隣国との戦いを終わらせなければならないと、拓海に『勇者』を押し付けてきた。 頑なに拒む拓海だったが、『サイコロジー・オブ・アドラー』という不思議な本に導かれ、自分と同じように悩み苦しむ人々と対話しながら、勇気をもって危機を乗り越えていく。 ―――そんな拓海に心惹かれた少女たちの間では、密かに恋のバトルが繰り広げられるのであった……!  監修は、『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』でおなじみの、岩井俊憲氏。 本書を読むだけで、アドラー心理学の要である「目的論」「全体論」「自己決定性」「認知論」「共同体感覚」「勇気づけ」が分かります!

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/11/20Posted by ブクログ

      アドラー心理学の名を借りたラノベです。
      ストーリーはともかく、アドラー成分が少なすぎませんか?
      全体論、目的論、自己決定性、認知論、共同体感覚、勇気づけ と、単語は一通り出てきますが、本書の後に他のア...

      続きを読む

    セーフモード