国債が暴落しても長期投資家は平気だよ

著:澤上篤人

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    やたらと不安を煽るのは好きではないが、日本の国債はいつ暴落してもおかしくない。 国債の暴落と長期金利の急上昇、そして強烈なインフレの襲来は、もう時間の問題と覚悟しておこう。いざ「その時」が訪れても、慌てなくて済む。 そうは言うが、国債暴落の気配など、どこにもないじゃないか? 長期金利だって史上最低水準に張りついたままじゃないの? インフレを心配する前に、デフレをどうにかするのが先なのでは? 日本経済の長期低迷とジリ貧すら、まだ克服できていないじゃないか? 現状は、確かにその通り。国債暴落どころか、借金財政を賄うための国債増発に、何の支障もきたしていない。 まあ、10年から15年したら分かる。その頃には、国債暴落やひどいインフレによる経済や社会の大混乱も一段落していよう。われわれ長期投資家と、何もせずユデガエルになってしまった人たちとでは、天と地ほどの差となっているだろう。 長期の株式投資を、今すぐにでも始めることだ。投資なんて安く買っておいて、高くなるのを待って売るだけのこと。暴落相場を「待ってました」と買いに行くのが長期投資である。安く買っておけば、どこで売っても利益が出る。この長期投資の感覚とリズムを、今のうちから養っておくのだ。 そうしておけば、暴落相場に対する免疫力がどんどんついてくる。この免疫力こそが、読者の皆さんを救ってくれるはず。 多くの読者が10年もしくは15年後に、「本書で長期投資を始めて良かった」となってくれたら、同じ長期投資家仲間として本望である。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      http://naokis.doorblog.jp/archives/long_term_investment.html【書評】『国債が暴落しても長期投資家は平気だよ』

      <目次>
      はじめに
      第1部 ...

      続きを読む
    • 2018/01/13Posted by ブクログ

      国債暴落説…
      個人的には日本人のメンタリティとして利率が無いに等しくても銀行に預ける国民性ですからインフレターゲットで2%が達成したとしても売り急ぐかなあと疑問に思います。
      こればかりは当たるも八卦当...

      続きを読む
    • 2015/07/14Posted by ブクログ

      うーん、結局さわかみファンドの思考法がいかに優れてるか、というアピール本の様な気もするが。。。

      まあしかし、国際暴落しても株式投資しておけば被害を少しは回避できるとか、株を買うにしても国際暴落局面で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード