ぼくは冒険案内人

編集:近藤謙司

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本で初めてエベレストの公募登山隊を組織した近藤謙司が語るガイド登山の素晴らしさ。ヒマラヤ登山の第一線で活躍してきた近藤謙司が、自らの国際山岳ガイドとしての半生を綴った読みもの。春と秋はヒマラヤで高所登山、夏はヨーロッパ・アルプスでガイド、そして冬は日本の雪山でバックカントリー・スキーやスノーボードと、世界を視野に入れて活躍してきたガイドだ。日本食をベースにした献立や日本語でのシェルパとの意思疎通など、いつも日本人を意識したガイドは、若い人から中高年のクライアントまで幅広く定評がある。その人気の秘密はどこにあるのか、危機管理のノウハウも含め、近藤謙司が半生を語る。インタビュー、構成は遭難のノンフィクションでおなじみの羽根田治氏。ガイドの社会的地位向上に燃え、ガイドを天職と考える近藤謙司のこれまでの登山のすべてが語られる。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/28Posted by ブクログ

      お客さんの「やってみたい!」という気持ちを大事にしながら山岳ガイドをしている著者。日本人ならではの視点から日本食の献立や日本人のシェルパなどを取り入れ精神的に本人の意思が消えないように支えています。一...

      続きを読む

    セーフモード