世界で戦うニッポンの鉄道―週刊東洋経済eビジネス新書No.109

編:週刊東洋経済編集部

324円(税込)
ポイント 3pt

日本が世界に誇る新幹線。実は海外技術を集大成した高速輸送システムでもあります。海外で確立された鉄道技術を咀嚼したうえで、日本の国土に合うように改良を加え、車両や施設を国産化。新幹線をはじめとする日本の鉄道を支える技術、人、ノウハウについて解説します。 一方、新興国中心に都市鉄道計画が目白押しのなか、日本の運行ノウハウを海外で生かすチャンスでもありますが、知財戦略や規格化で後れを取る面もあります。日本の鉄道ビジネスが世界で戦うための課題とは? 本誌は『週刊東洋経済』2012年2月25日号等掲載の24ページ分を電子化したものです。●●目次●●新幹線の特許の実力は?世界に誇る技術と人とノウハウ 銀座線1000系「“ルネサンス”新車両」 無線式信号「ライバル超える完全無線」 フリーゲージ「新幹線と在来線を直通」 レール「進化続く新日鉄のレール」 SL「75年前の車両を現役で走らせる」 除雪車「モーターカーが鉄道車両に代わって活躍」 研修センター「日々のたゆまぬ訓練が鉄道の安全を支える」 貨物ダイヤ「厳しい制約条件下で効率的なダイヤを組む」主戦場はアジアへ!鉄道土木工事の海外展開中国は新幹線を模倣したのか京阪がベトナム都市鉄道へ進出日本が誇る新幹線は本当に世界一なのか

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード