コントロールゲーム 金融部の推理稟議書

著:郷里悟

564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本中から集めた天才奇才を次世代の人材に育成する幕乃宮学園で、マインドコントロールによる集団自殺事件が発生。学園の融資元である帝都銀行から派遣された陣条和久は、成績トップの冷徹な女子高生と共に、事件を調べ始める。警察や諜報員の罠を避けながら、犯人との頭脳戦を繰り広げる二人が暴いたのは、人を破綻に導く脅威の計画だった。

    続きを読む

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      天才が挑む殺人事件。
      彼等の推理により連続自殺は無くなりそうだが、マインドコントロールを受けた人間たちはどう回復するのだろう。
      事件に便乗した形で自殺させられた子供たちは、結局意味がなかった訳で死に損...

      続きを読む
    • 2016/05/20Posted by ブクログ

      天才たちのみで構成される学校で起こった連続自殺事件に端を発する、超天才少女とその先輩のお話し

      何だこのラノベ設定と展開は
      最初はまったく先の事考えずに書いたんじゃないのか?というレベルの後出しジャン...

      続きを読む
    • 2015/05/14Posted by ブクログ

      面白くなかったわけではないけれど。
      サブタイトルから期待していた推理モノではない。
      高校生が軽度のアルコール依存ってどうなんだろう。

    セーフモード