日本にFCバルセロナが生まれる日 グランセナFC計画

著:清水秀雄

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    サッカー選手育成に地域差をつくらないためにどうすべきか。 生涯スポーツという観点から地域クラブはどのように経営すべきか。これらの疑問に答えます。 「今、世界の頂点に立つFCバルセロナの存在。 だが、近い将来日本のクラブチームが、FCバルセロナに代わって、世界の羨望を集めることになる。 きっとその日は近い。私は強く信じている」(本文より)

    続きを読む

    レビュー

    1.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2013/01/27Posted by ブクログ

      内容が薄い。
      トップカルチャーは素晴らしい企業だとは思うけど、グランセナの方向性には特に共感出来ない。
      サッカー書としてもビジネス書としても整ってない。
      引用データも薄い。

    • 2012/08/19Posted by ブクログ

      あまりこういうこと書かない方だが駄作。
      まず論文というか資料をほんの少しだけ手直し、プレゼン用の話し言葉を文字にしただけで非常に読みづらい。
      著者は経営者とのこと。編集者あたりが適当に手を加えただけで...

      続きを読む
    • 2011/12/15Posted by ブクログ

      サッカーを会社にすると、の本。
      うまくいくのか?と疑うあたりが保身的な自分の性格だと思った。でも、日本にスペイン的なサッカー文化を!という夢の話と、収支目線のリアルな話がバランス良く書かれていて、すで...

      続きを読む

    セーフモード