「ポーター戦略」の根底にあるものは何か

入山章栄

540円(税込)
ポイント 5pt

【『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』誌の人気連載が待望の電子化!「経営理論」を学ぶことは、実際のビジネスにも役に立つ!】世界標準となりつつある経営学の理論を、特に経営戦略論・組織論を中心としながらできるだけ幅広く、体系的に紹介する連載の第2回目。経営学には経済学・心理学・社会学の3つの理論基盤(ディシプリン)が存在する。今回は経済学ディシプリンの理論のなかでも、経営戦略論の基本ともいえるSCP理論を取り上げる。経済学で発展していたSCP理論を「経営学のSCP」へと昇華させたのが、マイケル・ポーターだ。ポーターの競争戦略の基礎にもなっているSCP理論を、その根本から解説する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年10月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード