「関わり合う職場」が生み出す力

鈴木竜太

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人々が関わり合いながら仕事を進めることが多い職場は、相互に助け合うこと、ルールや秩序を守ること、自律的に創意工夫することを促進し、それが組織の強さや高業績につながる──こう述べると、以前の集団主義的な日本的経営、あるいは仲よしクラブ的な職場を思い浮かべる人も多いかもしれない。しかし、本書で論じられている「関わり合う職場」は、現場レベルのマネジメントを重視し、異質の価値に対して寛容な開放的なコミュニティを目指す点で、それらとは異なる側面を持っている。「関わり合う職場」はいかにして生まれるのか。それは組織の強さとどうつながるのか。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年6月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード