大坂誕生

完結

片山洋一

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    慶長20年、灰燼と化した大坂を再興すべく大御所・徳川家康から大命を受けた松平忠明は、大坂人との確執を知略と胆力で乗り越え、反徳川包囲網の中で次々と大胆な復興計画を練っていく──。第6回朝日時代小説大賞優秀作。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/27Posted by ブクログ

      面白かった!夏の陣の灰塵からどのように大坂が生き返ったか。豊臣への親愛、徳川への反発、大坂再生への熱意。偉いなる(おおいなる)阿呆たち。人は死んでも大坂は残る。松平忠明はあまり知らなかったが、人を信頼...

      続きを読む
    • 2015/07/08Posted by ブクログ

      面白くて一日で一気に読んだ。

      家康の外孫松平忠明が、家康の命令で大坂の陣で荒れ果てていた大坂の町を復興させるお話。
      大阪在住の私にとって、道頓堀や心斎橋の名前の由来が
      人の名前だったり、大坂城の三の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/04/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード