湯の町茜谷便り

砂原糖子/花小蒔朔衣

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    他人に興味が乏しい穂積遥来は、以前、炎天下で倒れた際に助けてくれた男のことが未だ忘れられず、今も冷たい手の人が好き。ある日編集者の穂積が取材で老舗温泉旅館に着くと美人女将・朱川が出迎えてくれる。深夜、女性用の時間帯と知らず浴場へ入った穂積は先客の朱川に驚く。湯気の中で見えた朱川の体が穂積には男だったと思えてならず……。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/10Posted by ブクログ

      女装をして温泉旅館の女将をやっている攻めと小さな出版社の編集をやっている受けくん。

      攻めの朱川さんが男に戻った時の、Sっぽさがたまらなかったです。

      物語としては、ほのぼのでもなくサスペンス!といっ...

      続きを読む
    • 2014/10/10Posted by ブクログ

      微妙。悪くないけど、盛り上がりもそんなになかったようなー。温泉宿女将×温泉ガイド記者
      仕事で1週間滞在することになった温泉宿。女将はモデルみたいな背の高い美人。なんかどこかで会ったことがあるような・・...

      続きを読む
    • 2014/09/05Posted by ブクログ

      女装をして女将として温泉街のために働く朱川さん。なかなか穂積と向き合ってくれないじれったさと、時折見せる素の姿での振る舞いに翻弄されます。
      最後、温泉街の住人たちの優しさに、思わず涙が出てしまいました...

      続きを読む
    開く

    セーフモード