ブラック・ジャック 【手塚治虫文庫全集】 11巻

完結

手塚治虫

864円(税込)
ポイント 8pt

孤高の天才外科医・ブラック・ジャックが、家出をして行き倒れた少年をひょんなことから助ける「家出を拾った日」から、自らの来し方行く末を思う「週刊少年チャンピオン」連載時の最終話「人生という名のSL」までを収録した渾身の一冊! <収録作品>家出を拾った日/未知への挑戦/ある女の場合/人形と警官/鳥たちと野郎ども/山小屋の一夜/裏目/コレラさわぎ/山手線の哲/戦争はなおも続く/カプセルをはく男/黒潮号メモ/ピノコ・ミステリー/もらい水/密室の少年/動けソロモン/ポケットモンキー/刻印/台風一過/人生という名のSL<手塚治虫漫画全集収録巻数> ◦「家出を拾った日」(手塚治虫漫画全集MT163『ブラック・ジャック』第13巻収録) ◦「未知への挑戦」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録) ◦「ある女の場合」(手塚治虫漫画全集MT156『ブラック・ジャック』第6巻収録) ◦「人形と警官」(手塚治虫漫画全集MT154『ブラック・ジャック』第4巻収録) ◦「鳥たちと野郎ども」(手塚治虫漫画全集MT154『ブラック・ジャック』第4巻収録) ◦「山小屋の一夜」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録) ◦「裏目」(手塚治虫漫画全集MT370『ブラック・ジャック』第21巻収録) ◦「コレラさわぎ」(手塚治虫漫画全集MT167『ブラック・ジャック』第17巻収録) ◦「山手線の哲」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録) ◦「戦争はなおも続く」(手塚治虫漫画全集MT367『ブラック・ジャック』第20巻収録) ◦「カプセルをはく男」(手塚治虫漫画全集MT366『ブラック・ジャック』第19巻収録) ◦「黒潮号メモ」(手塚治虫漫画全集MT165『ブラック・ジャック』第15巻収録) ◦「ピノコ・ミステリー」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録) ◦「もらい水」(手塚治虫漫画全集MT157『ブラック・ジャック』第7巻収録) ◦「密室の少年」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録) ◦「動けソロモン」(手塚治虫漫画全集MT166『ブラック・ジャック』第16巻収録) ◦「ポケットモンキー」(手塚治虫漫画全集MT166『ブラック・ジャック』第16巻収録) ◦「刻印」(手塚治虫漫画全集MT367『ブラック・ジャック』第20巻収録) ◦「台風一過」(手塚治虫漫画全集MT371『ブラック・ジャック』第22巻収録) ◦「人生という名のSL」(手塚治虫漫画全集MT168『ブラック・ジャック』第18巻収録)<初出掲載> ◦「家出を拾った日」 1978年4月10日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「未知への挑戦」 1978年4月17日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「ある女の場合」 1978年5月8日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「人形と警官」 1978年5月15日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「鳥たちと野郎ども」 1978年5月22日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「山小屋の一夜」 1978年5月29日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「裏目」 1978年6月5日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「コレラさわぎ」 1978年6月12日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「山手線の哲」 1978年6月19日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「戦争はなおも続く」 1978年6月26日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「カプセルをはく男」 1978年7月3日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「黒潮号メモ」 1978年7月10日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「ピノコ・ミステリー」 1978年7月17日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「もらい水」 1978年7月24日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「密室の少年」 1978年7月31日号~8月7日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「動けソロモン」 1978年8月14日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「ポケットモンキー」 1978年8月21日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「刻印」 1978年8月28日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「台風一過」 1978年9月11日号 週刊少年チャンピオン掲載 ◦「人生という名のSL」 1978年9月18日号 週刊少年チャンピオン掲載

続きを読む
  • ブラック・ジャック 【手塚治虫文庫全集】 全 12 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ブラック・ジャック 【手塚治虫文庫全集】 全 12 巻

    10,368円(税込)

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
  • ネタバレ
    2011/04/29Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2010/10/22Posted by ブクログ

    僕の好きな作品。「ときには真珠のように」、「めぐり会い」、「六等星」、「アリの足」、「二つの愛」、「おばあちゃん」、「三者三様」、「友よいずこ」、「助け合い」、「勘当息子」、「ある女の場合」、「執念」...

    続きを読む

セーフモード