劫火(4) 激突

完結

西村健

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明らかになる「秩父日召(ちちぶにっしょう)」の正体と目的。都庁はテロリストに占拠され、アクアラインに核爆弾が――。秩父日召率いる極右集団が雇った“傷(ラーナ)”たちテロリストが、都庁を占拠した。敵の作戦の全貌を掴んだオダケンたちは銀次、一徹の合流を待ちつつ、東京に持ち込まれた核爆弾の在り処を探るため都庁に潜り込み、対決に挑む。著者渾身の2800枚大長篇、オダケンシリーズここに完結。(講談社文庫)

    続きを読む
    • 劫火 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      劫火 全 4 巻

      2,860円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/05/19Posted by ブクログ

      ようやく「オダケンシリーズ」読了。
      最終作にして初めてフルメンバーが集結し、悪の野望を木っ端微塵に砕いていくところが爽快。予定調和であると分かっていてもドキドキする戦闘シーンの連続で、よくもこんな大作...

      続きを読む
    • 2010/09/22Posted by ブクログ

      いよいよ一同が集まって、テロリスト達とその黒幕相手に戦いを始めます。
      長いわりにあっさりという気もするし、圧巻だったとも思える。

    • 2007/05/02Posted by ブクログ

      本自体の厚さにややビビるも、読み始めたら一気に読んでしまった。最終決戦ですからね。この劫火しか読んでいない人間は、やっと大文字の強さを読むことができるわけだし。読み終わって思うのは、短かったということ...

      続きを読む

    セーフモード