十津川警部の怒り

西村京太郎

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    狡知な犯人に十津川が放つ逆転の痛打! 毒舌で有名なプロ野球解説者が、甲子園球場の近くで刺殺された。容疑者は低迷するチームのヘッドコーチ。かつてポストを巡って揉め、動機は十分だが、犯行時刻には寝台特急「出雲4号」に乗っていたという。血まみれの切符、車掌がもらったサイン。十津川、逆転の一手は。殺意を乗せて走る列車、3つの事件! (講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    2
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/09/24Posted by ブクログ

      いつも通り。句点多い。
      犯人を断定し過ぎ。関係者の中で、この人しか犯行は不可能だから犯人に間違いないって、、、

    • ネタバレ
      2011/09/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/03/02Posted by ブクログ

      1999.11.20 初版30刷 495
      巨人―阪神戦終了直後、甲子園球場の近くで、野球解説者の早田規夫が刺殺された。現場には出雲市駅からの血染めの特急券が……。早田の宿命のライバル、パイレーツのコー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード