寝台特急「北斗星」殺人事件

西村京太郎

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    札幌行きの豪華列車を爆破する! 1億円を要求した犯人グループの一員はすぐ逮捕された。だが乗り合わせた宗教家が「嫌な予感がする」といった直後に個室が大破。中から女性の全裸死体が。苦渋の決断の末に走り続ける列車。転覆を目論む犯人。青函トンネルを目前に緊張は高まる。十津川警部、次の一手は! (講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/12/26Posted by ブクログ

      1988(昭和63)年、念願の青函トンネル開通とともに誕生した寝台特急「北斗星」。前年に国鉄が消滅したばかりの年で、新生JRを印象付ける豪華列車として話題になりました。
      一人用個室ロイヤル、二人用個室...

      続きを読む
    • 2014/07/06Posted by ブクログ

      列車ミステリーの王道みたいな感じ。
      車両の爆破をめぐっての攻防が良い。

      このあたりの時期の作品も面白い。
      携帯電話ではなく自動車電話なあたり時代を感じる。

      寝台車両はいつか乗ってみたいなぁ。

    • ネタバレ
      2011/09/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード