【最新刊】ジョン・レノン対火星人

ジョン・レノン対火星人

1冊

高橋源一郎

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    住所はなく、消印は「葛飾」、そして差し出し人の名前は、「すばらしい日本の戦争」…… 名作『さようなら、ギャングたち』に先立つこと1年、闘争、拘置所体験、その後の失語した肉体労働の10年が沸騰点に達し、本書は生まれた。<言葉・革命・セックス>を描きフットワーク抜群、現代文学を牽引する高橋源一郎のラジカル&リリカルな原質がきらめく幻のデビュー作。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/05/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    32
    5
    13
    4
    11
    3
    6
    2
    0
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/12/11Posted by ブクログ


      2019.12.10

      死体に取り憑かれた「すばらしい日本の戦争」を助けようと試みる「わたし」たちの話
      スラスラ読めるけれど、理解できなかった
      エログロ描写には気分が悪くなってしまった…

    • 2019/07/26Posted by ブクログ

      混沌の沼に沈み込められ惹き付けられた、グイグイ読める文章で気が違えている、クレイジーで勢いが在って良かった!

    • 2019/06/23Posted by ブクログ

      最初のとっつきにくさを呑み込んでしまえば、ある瞬間に強烈なドライブがかかる。
      エグさやグロさ、良識や善悪も越えて描かれる世界。
      クセになる。

    開く

    セーフモード