めぐる架空亭

草川為

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

病弱な小説家・小山笹舟は祖父の部屋で憧れの文士・雪村千鳥の未完の遺作『架空亭』を発見し、小説の中に招き入れられてしまう。ところが架空亭は客の生気を吸収して存続していることがわかり…!? 奇想天外LOVEロマンス!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.2
9
5
3
4
5
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2011/09/04Posted by ブクログ

    ありがちでないファンタジー。少女漫画らしくて、らしくない話。
    登場人物の名前がかわいい。笹舟はさわやかで淡くてなよい←イメージ。甘喃はかわいらしくて華やかで優美なイメージ。字面も素敵。
    3話めまでの少...

    続きを読む
  • 2011/02/23Posted by ブクログ

    ちょっと印象が薄かったかな…?もうちょっと内容を濃くしてほしかったかなと希望。2・3巻くらい出してもよかったんじゃないでしょうか?草川さん流の不思議な世界観はとっても良いものでしたし。

  • 2009/05/10Posted by ブクログ

    実は、「ガートルードのレシピ」も、今回の「架空亭」もそうなのですが、設定的には、無茶苦茶ダークな部分があります。
    でも、その部分に流されることなく、サラリとしているのは、キャラクターの魅力でしょうね。...

    続きを読む
開く

セーフモード