梅原猛著作集15 たどり来し道

著:梅原猛

2,862円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    著者は、自らの人生を“ディオニソスの神に魅せられた人生であった”と述懐する。ディオニソスの神とは、ニーチェが愛した、陶酔的・創造的衝動を象徴するギリシア神話の神である。数学少年から一転して文学青年へ。大学では西洋哲学を専攻するが、既成の研究方法にあきたらず日本研究を志し、仏教、芸術、古代史研究から日本の基層文化研究へ。一方、戯曲・小説にも意欲を燃やす。まさにディオニソス精神の遍歴の軌跡と日常を余すところなく語る。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード