梅原猛著作集6 日本の深層

著:梅原猛

2,090円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人とは何か、日本文化とは何かを考えるには、七、八世紀を中心とした梅原古代学だけでは不十分であり、日本文化の基層である縄文文化の研究が不可欠である。そこで、著者は縄文文化の名残りを色濃くとどめる東北、アイヌ、熊野の文化に注目する。そして一万年以上にわたって縄文文化の中心地であった東北各地や熊野を旅して、それらの地が日本文化の原郷であることを検証する。従来の日本古代史に大きな衝撃を与えた決定版歴史紀行集。現在の縄文文化再評価のきっかけになったこの作品の意義は大きく、梅原日本学の原点ともいうべき作品である。

    続きを読む
    • 梅原猛著作集 全 20 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      梅原猛著作集 全 20 巻

      50,050円(税込)
      500pt獲得

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      梅原猛 「 日本の深層 」原日本文化論であり東北論。結論は 「東北は 原日本文化の中心地」〜民俗学や土着信仰から日本文化論を仮説展開。蝦夷=アイヌ説。個別の文化系列から 日本文化 全体を仮説した点は ...

      続きを読む

    セーフモード