緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす

著:田原総一朗

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は教科書のデジタル化計画が議論されないまま、独り歩きしている事に危惧を抱い事から始まっています。書籍のデジタル化を問題にしているのではなく小学校の教科書をデジタル化する事に異議を唱えているのです。本書出版の意義は「教科書デジタル化」について問題提起させて頂き、議論の端緒を開く事でした。驚くべき事に発売前から多くの読者の方からご意見を頂くという予想を上回る反響を目の当たりにし、いかに多くの方がこの問題に関心をお持ちかという事を改めて認識した次第です。もっと多くの人々にこの事を議論して頂きたいという思いは更に強くなりました。すでにデジタル環境に適応され利用されている方々にも、ぜひともこの問題の議論に参加して頂きたく、本書を紙だけではなくあえてデジタル化致しました。また私共は書籍の再販価格維持制度に則って、紙と同価格にさせて頂きました。デジタル化によってもたらされる功罪、更には「教育とは何かを」までを紙とデジタルの両方の出版によって、より多くの方に考えて頂く事ができればと願っております。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    13
    5
    2
    4
    3
    3
    3
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

      デジタル教育、とタイトルに含まれるものの、デジタル教育や教育のICT化についてはほとんど触れず、今までの文科省や日教組の取り組みについて述べる箇所が多い。
      あと単純に現代の教育についての批判。

      教育...

      続きを読む
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      本書はタイトルと中味がミスマッチしている。デジタル教育についての論点は、なんら語られていない。デジタル教育=コミュニケーションがおろそかになると一方的に決め付けているだけである。本書の出版は、著者田原...

      続きを読む
    • 2012/02/07Posted by ブクログ

      教科書をiPadにしてしまおう、への反論だけではない。ゆとり教育を巡る文科省周辺の迷走ぶりを手厳しく批判。

    開く

    セーフモード