最後の帝国艦隊

ジャスパー・T・スコット/幹 遥子

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    遙かな未来、人類は銀河全域へと広がり、星系間帝国を築いていた。だが、災厄は思いもかけぬところからやってきた。不用意に異銀河へとあけた超空間ゲートから、昆虫型異星人サイジアンが大挙して侵入してきたのだ! 壮絶な死闘は9カ月で終わった。隠蔽シールドを持つ異星人艦隊に対して帝国軍はなすすべがなく、わずかに生き残った人々は帝国の残存艦艇とともに、ブラックホールだらけの〈暗黒星域〉へと逃げこむが……。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      スペースオペラ好きな俺的にはとても楽しめた。人類がボッコボコにされて辺境に隠れ棲んでいる治安崩壊な格差社会が舞台。ここで一発、起死回生的な胸のすく反撃の物語なのかと期待していたら、全然違う話でした。ラ...

      続きを読む
    • 2018/12/15Posted by ブクログ

      まぁ、こんな話は幾らでも有るよな~。問題はハヤカワ文庫が続刊を出版していないこと。解説で既にシリーズ5巻まで出版されているのに、翻訳されていないんだよね。この本が2015年に発売されているのに、未だに...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/08/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード