疑惑の影

ジョン・ディクスン・カー/斎藤 数衛

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    弁護士パトリック・バトラーはテイラー夫人殺害の容疑で捕われた娘ジョイスの弁護を引き受けた。夫人はジョイスと二人きりの邸内で毒殺されたのだ。絶対不利な状況にもかかわらず、バトラーは見事に無罪判決を勝ち取る。だがその直後、今度は夫人の甥が毒殺された。当地に滞在中のフェル博士とバトラー、二人の名探偵が突き止めた真相とは? 巧妙きわまる心理トリックを駆使したバトラー初登場作。改訳決定版。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      フェル博士&バトラーの活躍するミステリ。個人的にはバトラー、なんだかチャラくって好きになれない、って思いましたが。活劇めいた場面の数々は楽しかったです。そういうの、フェル博士には無理だものね。
      相次ぐ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2009/10/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード