怪談と名刀

本堂平四郎/東雅夫

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    名物警視として活躍後、実業界に転じて通信事業の世界で風雲児となった著者が、その晩年、刀剣研究を志し著した幻の名著。名刀妖刀にまつわる怪談奇聞の数々を、物語的興趣を湛えて活写している。昭和10年初刊以来、史上初の再編復刊なる!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/02Posted by ブクログ

      http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2014/12/post-428f.html

    • 2016/11/10Posted by ブクログ

      戦国時代~江戸幕末の、刀剣が絡む怪を集めた読み物集。
      刀剣はこれみな怪や悪を斬るものであり、刀それ自体が怪になるお話はありません。
      とはいえ名刀の凄まじさはそれぞれのエピソードの中でよく伝わってきてか...

      続きを読む
    • 2015/05/05Posted by ブクログ

      刀剣乱舞に関連して、日本刀の本が読みたいと思い購入。
      やや、古文めいた文章だったものの、不思議とすんなりと読めた。
      怪談、というよりかは、怪奇譚という感じ。怖い>不思議。
      冗長で中だるみしていた話もあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード