【最新刊】「バカダークファンタジー」としての聖書入門

「バカダークファンタジー」としての聖書入門

架神恭介

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリスト教徒が全力で見ないふりしてる、聖書の真実。神は気まぐれに人を惨殺し、キリストはチンピラのリーダー、モーセは十戒の石板を叩き割る──! キリスト教の教典『旧約聖書』『新約聖書』は慈愛にあふれた書物というイメージだが、実際は殺す・すねる・嫉妬する・陥れる・後悔すると、クズエピソードのオンパレード。しかも人間だけでなく、絶対の唯一神ヤハウェも普通にやってます。矛盾と残虐行為の向こうに見える、古代の人々が神話に込めた人間臭さが満ち満ちた“聖書”の真実、ご覧あれ。

    続きを読む
    ページ数
    325ページ
    提供開始日
    2015/05/13

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      どっちかというと「男爵ディーノの『聖書』レビュー」みたいな感じでした。

      『聖書』を物語として、「ここは面白い」「クソつまらない」とか、発言のロジックを突き詰めて「本当こいつクズだよな」とか言い捨てた...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ネタのノリの割にものすごい整理されていて読みやすいし。わかりづらい部分の論点もはっきりしている神本だった。神学的な論争の旧約と新約のつながりとか『聖書の中のエロス』よりも前後関係がわかりやすい。 でも...

      続きを読む

    セーフモード