ホムンクルス 3巻

山本英夫

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第21話/ホムンクルス ▼第22話/成仏 ▼第23話/鏡 ▼第24話/スーパーマン ▼第25話/生セラ▼第26話/1775 ▼第27話/新世代 ▼第28話/マニュアル ▼第29話/反抗 ▼第30話/パターン介入 ●主な登場人物/名越進(新宿西口でカーホームレスをして暮らす34歳。人体実験のため頭蓋骨に穴を開ける手術を受け、第六感が発現!?)、伊藤学(22歳の医大生。名越にトレパネーション手術を施す) ●あらすじ/人体実験3日目。名越の元に現れた伊藤は、化け物の正体は“ホムンクルス”(=人の心の歪みが形になったモノ)であると告げる。例えば首がないように見えた中年女性は、彼女が無意識に首を守っていることの証し。それは伊藤が女性から確認した、男に首を絞められた経験があるという証言からも説明がつき… (第21話)。 ●本巻の特徴/「なぜ化け物に見える人間と、見えない人間がいるんだ…?」伊藤から“ホムンクルス”の説明を受けても、ぬぐえないこの疑問。その時なんと、名越自身の左腕がロボットに見えだして…!?

続きを読む
  • ホムンクルス 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ホムンクルス 全 15 巻

    9,130円(税込)
    91pt獲得

レビュー

4.4
5
5
2
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2017/08/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/09/01Posted by ブクログ

    片目をつぶると異形に見えるというのは、無意識に沈んでいる実態が表現されているとか理屈っぽい話になる。紙みたいな人は薄っぺらな人生をおくっていると自覚している人というようなこと。砂女子高生がなかなか不気...

    続きを読む
  • 2010/03/20Posted by ブクログ

    (2004.11.13読了)
    医学生の伊藤学によると、ホムンクルスという言葉は、「脳の中の小人」という意味で使われている、という。
    氷水の入っているコップに触ると冷たいと感じる、指先で感じているようで...

    続きを読む
開く

セーフモード