団地魔女

完結

派手な看護婦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

団地で暮らす鍵屋の息子・はる太の特技はピッキング。不在の父親にかわり、鍵屋の仕事をしに行った団地の一室で魔女と出会う。団地に巣食う異形の怪異・断末間(だんまつま)の退治に無理矢理はる太を巻き込んでいく魔女(なぜかメイド服)。そのスカートの下に隠された秘密の鍵穴をはる太が開ける時、魔女の真の力は解放される。魔女専用の鍵屋(パートナー)として見初められた少年・はる太と傍若無人なムチムチおねーさんの魔女、ふたりが繰り広げる団地系オネショタエロコメディ。

続きを読む

レビュー

3
3
5
0
4
0
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/16Posted by ブクログ

    絵が上手い。団地へのこだわりというか執着を感じる。
    この作者がどこかで描いていた団地の断面図的なイラストと、「ATMの中の男」という読み切りが好き。いつか何かの単行本に収録してほしい。

  • 2017/10/06Posted by ブクログ

    タイトルから漂うトワイライトゾーン感。
    内容から漂うスタンリー・キューブリック感。
    そして見渡す限り団地、徹底して団地のみを舞台にしたアルフレッド・ヒッチコック感
    全1巻ながらもこってり濃厚な団地を描...

    続きを読む
  • 2015/12/08Posted by ブクログ

    渋谷の漫画サロントリガーにて客に薦められ購入。フェチシズムをかなり刺激してくる漫画でかなり思春期の僕としてはグッとくる作品でした。肉感がムチムチしてて本当に良い、そして、作者の名前にも笑わされました。

開く

セーフモード