リトル・ピープルの時代

著:宇野常寛

877円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「歴史」や「国民国家」のような「大きな物語」(ビッグ・ブラザー)で自分の生を意味づけることができなくなった今。誰もが「小さな父」(リトル・ピープル)としてフラットに蠢(うごめ)くこの世界を、僕たちはどう捉え、どう生きるのか。「村上春樹」「仮面ライダー」「震災」を手がかりに、戦後日本の変貌とこれからを大胆かつ緻密に描き出した現代社会論の名著。解説・川上弘美

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/12Posted by ブクログ

      結構前に読んだ本。

      村上春樹を現代にあっては「時代錯誤的」とし、現実に追いついていない、という点で結構バッサリ切り捨てている。
      「壁と卵」の論理は一昔前なら正しいのだけれど、圧倒的な体制や絶対悪の存...

      続きを読む
    • 2016/08/12Posted by ブクログ

      宇野氏をJ-Waveの""THE HANGOUT""で知り、興味を持ったので購入し、通読してみた。

      ポップカルチャーは時代を写す鏡であることを、本書を読んで改めて認識した。

      ただし「リトル・ピープ...

      続きを読む
    • 2016/05/02Posted by ブクログ

      オーウェルが「1984」で表したビッグ・ブラザーが壊死し、村上春樹が「1Q84」で表したリトル・ピープルの時代となった。宇野氏は前者としてウルトラマン、後者として仮面ライダーを取り上げてそれぞれの時代...

      続きを読む
    開く

    セーフモード