まるたけえびすに、武将が通る。 京都甘辛事件簿

著:池田久輝

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    山城長政、通称“武将さん”は、中三条商店街にあるカフェの店長。ある日、失踪したオーナー古木から「せいぜい頑張りや」と書かれた謎の紙束が届く。後日、カフェが何者かに荒らされ、長政は失踪に事件性を感じ調べ始める。すると、古木の実家の老舗懐紙屋と新進美術商との黒い噂が――。碁盤の目に交差する京の通りの“裏”を暴く京都ミステリ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/06Posted by ブクログ

      予想と大分違い戸惑った。
      京都が舞台だったし、帯や表紙からもっと柔らかいほんわかした内容だと思ってたんだけど、意外とハードボイルドだった。調べたらこの作者さんはハードボイルドを書いてる方だったらしく、...

      続きを読む
    • 2015/08/14Posted by ブクログ

      突如いなくなったオーナーからまかされたカフェ。
      そこに届いた荷物が始まりだった。

      店が荒らされたというのに、京都人って面倒! と
      思ったのを皮切りに、面倒ルールが出てくる出てくる。
      正直、建前ってそ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001526041","price":"679"}]

    セーフモード