島 左近 義を貫いた闘将の生涯

著:佐竹申伍

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    筒井順慶の侍大将・島左近は、明智光秀を裏切った主君に仕えるのを潔しとはせず、退去して浪人となる。しかし、戦国の世に生まれたからには、一度は天下を賭けた舞台で戦いたいと考え、彼の力量を買い家老として迎えてくれた石田三成の参謀として関ヶ原に駒を進めた。卓抜した実力を持ちながら、義を貫き敗戦必至の戦いに挑んだ闘将・島左近の壮烈な生涯をつづる渾身の長編歴史小説。

    続きを読む

    レビュー

    3
    6
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/12/30Posted by ブクログ

      左近が最も活躍した時代の背景と情勢をメインにしたお話。左近自身の話は全体の何割…と言う感じではありますが、それでも彼の冠小説なので何かと絡んでは来ます。個人的には浪人時代の悪漢退治のシーンが楽しかった...

      続きを読む
    • 2013/07/19Posted by ブクログ

      司馬遼太郎の関ヶ原を読み、島左近に興味がわいたので、購入。簡潔な文章ですらすら読めるが、淡泊すぎて少々味わいが足りないように感じるところがあった。先に司馬遼太郎の関ヶ原を読んでいるため、そのように感じ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/11/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード