荊の城 下

著:サラ・ウォーターズ 訳:中村有希

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住んでいるのは、スウが世話をする令嬢、モード。それに彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者と言えば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、モードは親しい友人もなく、蔵書狂の伯父の手伝いをして暮らしていた。他に話し相手もないそんな環境で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然のことだった。たとえその背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? 二人を待ち受ける運命とは? 話題沸騰の新鋭サラ・ウォーターズが贈る傑作長編。CWAヒストリカル・ダガー受賞&第1位「このミステリーがすごい! 2005年版」海外編ベスト10。

    続きを読む
    • 荊の城 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      荊の城 全 2 巻

      1,936円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    4.2
    28
    5
    10
    4
    14
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/22Posted by ブクログ

      このミス海外編2005年版1位。サラ・ウォーターズは2004年版の半身に続けて2年連続1位ということで自分も2冊続けて読んでみた。2冊目で読みにくさに慣れたこともあって若干しんどいものの上巻はとても面...

      続きを読む
    • 2019/01/10Posted by ブクログ

      上巻より続く
      しかし下巻を読んだらなるほどミステリであった
      山場の帰還場面は手に汗握る
      大変素晴らしい
      全体として充分高水準の娯楽読物として力作だが
      もうひとつ欠点目につく出来でもある
      それぞれの描写...

      続きを読む
    • 2018/07/25Posted by ブクログ

      どういう展開になるのかさっぱりわからず先が気になって途中からは読むのがなかなか止められなかった。
      これからのふたりが、穏やかに幸せに、大切に過ごしてくれますように。

    開く

    セーフモード