【最新刊】荊の城 下

荊の城

著:サラ・ウォーターズ 訳:中村有希

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住んでいるのは、スウが世話をする令嬢、モード。それに彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者と言えば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、モードは親しい友人もなく、蔵書狂の伯父の手伝いをして暮らしていた。他に話し相手もないそんな環境で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然のことだった。たとえその背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? 二人を待ち受ける運命とは? 話題沸騰の新鋭サラ・ウォーターズが贈る傑作長編。CWAヒストリカル・ダガー受賞&第1位「このミステリーがすごい! 2005年版」海外編ベスト10。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/05/15
    • 荊の城 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      荊の城 全 2 巻

      1,936円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(83件)
    • 2巻
      2007/01/15

      下町娘のスウと令嬢モードはそれぞれに追いつめられ、自分の智慧を使って難局をきりぬけていこうとしますが、その先には再会と、とんでもない真実が。スリがでてきたり、出生の秘密がからんだり、本書は「オリバー・...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2007/01/15

      2004年の「このミス」「週刊文春ミステリベストテン」で堂々第一位となった人気作。本国ではCWAのヒストリカル・ダガーを受賞。一読おくあたわずとはこの本のことでありましょう。こんなに面白い本は暫く出な...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2巻
      2011/11/03

      ネタバレなしで感想。ネタバレすると全て面白くなる。
      前評判は「濃厚な百合でいろいろとやばい」。

      実際開いてみると、スウのいかにも育ちの悪い言葉づかいから始まって、盗人たちの卑劣な日常、ロンドンに立ち...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード