職業は武装解除

完結

瀬谷ルミ子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「世界が尊敬する日本人25人」(2011年・Newsweek日本版)、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」(2011年・日経WOMAN)、「International Leaders Programme」(2015年・イギリス政府)に選出。2015年、「戦後70年談話」の有識者懇談会メンバーに最年少で抜擢された注目の著者による自伝的エッセー。「壊れた社会」を立て直す、それが私の仕事――。17歳のときに見た写真が、平凡な少女の運命を変えた。「武装解除」のプロとして、24歳で国連ボランティアに抜擢、30代で各界の注目を集めるに至るまで、いくつもの組織を渡り歩いてきた著者が、その半生をつづる。「グローバル化で世界の垣根はますます流動的になっている。世界の問題を知り、その解決の担い手となることが、日本の身近な平和にもつながる。そのためには、海外情勢について知る機会を増やし、紛争がもたらす現実を認識すること、平和構築の担い手を増やすことだ。日本は世界の平和に多額の資金提供をしているのに対し、実務的な専門家や団体が少ないし、個人の支援や参加も限られている。必然的に具体的な政策提言やロビイングも弱くなりがちだ。窓口が政府しかないと、そこでうまくいかなかった時に行き詰まってしまう。個人と行政の間にある距離を埋める役割として、NPOももっと力を発揮していけるし、そのためにこれからも自らの役割を果たしていきたい」(本文より)「私は同じ日本にこういう人がいることを誇らしく思っているし、日本からそうした若者が一人でも多く現れてほしいと願っている。本書は、そのための貴重な道しるべとなるだろう」文庫版に解説を寄せた作家・石井光太氏も絶賛。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    17
    5
    7
    4
    7
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/15Posted by ブクログ

      特に高校生や大学生といった若者に読んでもらいたい本です。

      ” いまの自分の状況、日本の復興、世界の紛争地の現状。何かがおかしい。何かを変える必要があると思うのであれば、まず、私たち一人ひとりが持つ「...

      続きを読む
    • 2019/02/07Posted by ブクログ

      大変な良著。軽く簡単なので低年齢の子供に薦めたくなる。
      紛争を終えた後、物理的に銃を取り上げ、兵隊たちに新たな仕事を与え、武装解除を行っていく仕事の詳細が綴られている。どれも初めて知りえる情報ばかりで...

      続きを読む
    • 2019/01/18Posted by ブクログ

      本書で繰り返し言及されていることの一つが「日本の持つ中立性が紛争解決に役立っている」という事実である。第2次世界大戦以後軍事作戦に参加してこなかった事実が、紛争地の人々の信頼を勝ち得る要因になっている...

      続きを読む
    開く

    セーフモード