日本人とキリスト教の奇妙な関係

著者:菊地章太

880円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    信仰がなくても十字架のペンダント、聖書の売上は世界第3位。しかし信者は人口の1%――日本人とキリスト教の特異な関係はなぜ生まれたのか。キリシタン時代からの歴史を追いながら日本人固有の宗教観にせまる。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/16Posted by ブクログ

      キリスト教の信仰を200年以上も守り続けた長崎の住民.凄いことだ.日本人が外来の文化に接する時の感覚は,今も昔も変化していないことに驚いた.確かに仏教もお釈迦さまが言っていたことと,今の日本の仏教は別...

      続きを読む
    • 2015/10/19Posted by ブクログ

       この本の主役は白石と村人だ。日本人とキリスト教に纏わるエピソードが色々と取り上げられた一冊で、その歴史を時系列的に書いていっているわけではない。

       白石とシドティ(シドチだと思ってた)の対話はずっ...

      続きを読む

    セーフモード