七十年の約束 ~届く宛てのない手紙~

著者:大平しおり

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新米新聞記者・仲尾晴人(なかおはると)が病床の祖父・仲尾碧(なかおみどり)からある一人の女性に渡してほしいと託された一通の手紙――それは、67年前に書かれた、祖母ではない「蓮沼閑子(はすぬましずこ)」という見知らぬ女性宛てのものだった。堅物の祖父曰く、恋人でも、ましてや愛人でもなかったという。この閑子という女性と祖父の関係に興味を抱いた孫の晴人は、新聞記者の伝手をたどって、さっそく閑子の孫の水森咲子(みずもりさきこ)と会うことに。 そして、二人はお互いの話を繋ぎ合わせ、在りし日の祖父たちの想いを探っていく……。 手紙に込められていた一つの約束が、深く切なく心に響く感動の恋愛ストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/31Posted by ブクログ

      人を好きになることはつらい。それはまるで透明なナイフで何度も胸を貫かれるようで 血は出ないが痛くて痛くてたまらない。それでもどうして人は人を欲してしまうのだろう。ナイフが胸に刺さるほどに恋慕は募り、涙...

      続きを読む
    • 2015/03/09Posted by ブクログ

      【手紙に込められていたのは信愛の約束。七十年前の想いが今、よみがえる――。】

       新米新聞記者・仲尾晴人(なかおはると)が病床の祖父・仲尾碧(なかおみどり)からある一人の女性に渡してほしいと託された一...

      続きを読む

    セーフモード