新版 営業の「聴く技術」

ケンブリッジ・リサーチ研究所/大堀滋/古淵元龍

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    SPINのキャッチフレーズに、「聞く・聴く・質く」というのがある。質問を通じてお客様の経営課題を明らかにしていくとともに、相手もその質問を通じて、自らのニーズを顕在化させ確信する。その場をソリューションプロセスのなかで幾度となく作りだせることが、SPINの醍醐味であり、適切なソリューションを行っていく上でも、最も基本的で重要なことである。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    10
    5
    2
    4
    4
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/01Posted by ブクログ

      【内容】
      営業成績の向上のためのSPINという営業のフレームワークについて、記載されている。

      【感想】
      自分の体験と本の内容を踏まえると、BtoCとBtoBでは大きく必要な事項が変わってくる。

      B...

      続きを読む
    • 2015/06/27Posted by ブクログ

      大学時代に読んだ本です。
      顧客との交渉には4つの質問ステップがあるという本です。

      しかし実際に試してみると3つめの示唆質問ステップが難しいです。仕事で活かすには繰り返し練習する必要がありそうです。

    • 2014/07/19Posted by ブクログ

      若手の営業研修の参考に読みました。
      営業の基本スキルについてわかりやすく書かれていて、非常に参考になりました。
      私は、20年前に当時の会社でSPINの研修を受けました。
      これまでの法人営業の経験を振り...

      続きを読む
    開く

    セーフモード