大前研一ビジネスジャーナル No.4 「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」

大前研一/good.book編集部

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大前研一総監修ビジネスジャーナル第4弾。テーマは“迫り来る危機”。「2015年の経済リスク」と「日本のエネルギー戦略」の2本立てです。■特集テーマ:「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」◇セミナー1:世界/日本経済に迫り来る危機セミナー1では、2014年の経済動向を俯瞰した上で、日本に起こりうる「デフォルト・ハイパーインフレ」を解説。「政府・企業・個人」のレベルで経済危機に対応する方法を提言。 ・株価が上がっても、日本の景気はよくならない ・イスラム国は「国家」なのか? ・アベノミクスが加速させる日本経済の危機 ・今の日本に、20世紀の経済学は通用しない ・経済理論ではなく「心理」が消費行動を決める ・デフォルト・ハイパーインフレの危機 ・税金を使わない景気浮揚策―容積率を倍に◇セミナー2:日本のエネルギー問題後半は、長期的展望が見えない日本のエネルギー戦略の問題点を指摘。原発への賛成/反対だけでは判断できない、安定した電力提供のための複合的エネルギーミックスを、エネルギー戦略の第一人者でもある大前氏が語ります。 ・3.11から4年。今、日本が採るべきエネルギー戦略とは? ・エネルギーバランスと再生可能エネルギーの問題点 ・太陽光・風力発電は「ベースロード電源」にはならない ・福島第一原発の事故原因については「物理的な解明」が不足している ・大前流「電力再編」案 ・エネルギー問題を解決する3つの選択肢新収録の大前氏ロングインタビューに加え、連載「イノベーションの現場」では、スタートアップ支援を続ける勝屋久氏に「社会・企業を変える個人のアクション」について聞きます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード