バルミューダ 奇跡のデザイン経営

著:守山久子 編:日経デザイン

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    心地よい風を送り出す扇風機を発明し、いまや高級家電市場をリードする存在にまでなったバルミューダ。本書は、バルミューダを設立する前はロックミュージシャンとして活動していたという、同社の寺尾玄社長の異色の経営手法にスポットを当てた書籍です。ミュージシャンならではの独特の感性でモノ作りを実践し、会社を率いてきた姿はアップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏のよう。アップルと同じくデザインを軸にした同社の革新的なモノづくりを進めてきた同社のデザイン経営を詳細に分析しました。「ひとりメーカー」の台頭など、モノづくりの環境はいま急激な変化を迎えています。その先駆者とも言えるバルミューダの足取りから、ブランド作りのヒントを読み取ってください。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      こうした細かいクオリティー管理を企業のトップがわざわざ行うことに疑問を感じる人もいるかもしれない。だが、最終的なクオリティー向上のチェック作業こそが、本来は経営者の大切な役割だと寺尾は言う。なぜならこ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/12/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/01/04Posted by ブクログ

      ・マーケティングよりも品質向上
      ・自分が欲しいだけでは売れない
      ・プレミアム消費者
      ・試作と改良を早いペースで繰り返す
      ・樹脂の厚みで質感を上げる(重さ、剛性、熱伝導率)
      ・シンボリックなアイコンも、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード