人生に迷ったら知覧に行け(きずな出版) 流されずに生きる勇気と覚悟

著:永松茂久

1,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「特攻隊」とよばれた彼らが、人生最後の数日を過ごし、そして飛び立っていた場所、鹿児島・知覧。人生の壁にぶっかったとき、これから先が見えなくなったとき、著者が必ず訪れ、「フォーユー精神」を掲げるきっけとなった場所でもあるその場所には、かつて愛する人を守るために死んでいった若者たちがいた。彼らが自分の命と引き替えに残した未来への思いとは?あなたは今、幸せですか? あなたの大切な人は今、幸せですか?男として、人として、いま、自分ができることは何か。やるべきことは何か。「人生に迷ったら、知覧に行け」答えは必ず、見つかります。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/19Posted by ブクログ

      素直な文章の中に、若い著者の「伝えたい思い」がストレートに届きます。
      自分のためだけに生きることと、特攻隊員の遺書にあるような、人のために生きることとは、人として根本的に違う事のように思います。
      そう...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      4月に鹿児島に旅行に行くため、事前に知識を取り入れたいと思い読んだ。特攻は無能な作戦だったと片付けずに、知覧のことはぜひたくさんの人に知って欲しい。知覧の地から戦地に向かっていった彼らは、ごく普通の若...

      続きを読む
    • 2014/11/09Posted by ブクログ

      文句なくいい本だった。それに泣けた。
      家族のため、国のために生命を賭けて戦ってくれた人達に感謝します。
      今の日本が平和で豊かなのは、先人に努力のおかげです。こうした幸せを次の世代に繋げていくのが、私た...

      続きを読む
    開く

    セーフモード