一緒にいてラクな人、疲れる人 人と会うのが楽しみになる心理学

著:古宮昇

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「一緒にいて、なんとなく疲れる」という人がいます。そういう人は、仕事相手との関係が深まらず、人脈も広がっていかないため、なかなか思うような成果をあげることができません。プライベートでも、恋愛が長続きしない、仲の良い友人ができないなど、いろいろとつらい思いをしなければいけないことが多いものです。一方、「一緒にいてラクな人、ほっとする人」というのは、仕事でもプライベートでも人が自然と周りに集まってきます。わかりやすくいえば、よく“モテる”のです。誰もが後者になりたいと願いますが、それは簡単なことではありません。カウンセラーとして通算20年にわたり、日米でのべ5,000人ほどのこころの援助をしてきた著者も、駆け出しの頃はクライアントから「一緒にいてラクな人」と思われず、そうとう悩んだといいます。本書では、そんな著者が自ら編み出した「一緒にいてラクな人」になれる効果的&具体的なメソッドを紹介します。

    続きを読む

    レビュー

    4
    7
    5
    3
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/26Posted by ブクログ

      2018.05

      つい、人の目や評価が気になって息苦しく感じたり、自分といて楽しいと思ってもらえているのかな、と不安になることが重なったタイミングで、タイトルに惹かれて購入。
      結論、読んでよかった。
      ...

      続きを読む
    • 2016/01/21Posted by ブクログ

      傾聴をしっかりしてみようと思う。何かあれば、今度カウンセリングに行ってみようかな(笑)これから、大学を卒業して大人になっていくし、素敵な人間関係を築いていきたい。

    • 2015/12/09Posted by ブクログ

      阿蘇にて。
      瞑想15分してみよう。
      カウンセリングもいいかも。

      自分がどう思われるか気にするよりも相手に興味を持つこと。

    開く

    セーフモード