郊外はこれからどうなる? 東京住宅地開発秘話

著:三浦展

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高い理想の下につくられ、マイホームへの憧れとともにあった東京郊外――その知られざる開発秘話を掘り起こし、光と影を検証する。30年にわたって、郊外を市場調査・研究してきたパイオニアが、「山の手」と「下町」の推移、「第四山の手論」を生み出した舞台裏、アメリカ郊外の文化論、「逆開発」のまちづくり等を説く。東京郊外論の基本常識をコンパクトに密度濃くまとめた一冊。貴重な写真、図表、地図を多数収載。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    15
    5
    1
    4
    5
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      <目次>
      はじめに
      第1章 第四山の手論
      第2章 東京は増加する人口を九州してきた
      第3章 山の手の条件
      第4章 郊外の文化論
      第5章 郊外の歴史と問題
      第6章 郊外の未来

      <メモ>
      レッチワースを...

      続きを読む
    • 2018/05/17Posted by ブクログ

      東京周辺の開発史を見ながら、現状と今後を占う一冊。

      2011年発刊なので若干古いものの、今読んでも古さを感じない部分もあり、勉強になった。

    • 2015/03/22Posted by ブクログ

      高度経済成長期に多々開発された「郊外住宅」の現在の状況と将来の展望について、現状分析や海外の事例などを参考に、論じた作品。
      既に、空き地・空き家問題が起こっており、人口減少社会の本格的な到来の前に、い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード