図書室の海(新潮文庫)

恩田陸

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あたしは主人公にはなれない――。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる〈サヨコ〉伝説に関わる使命を……。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    372
    5
    39
    4
    119
    3
    158
    2
    46
    1
    10
    レビュー投稿
    • 2020/02/16Posted by ブクログ

      続きが気になる短編集。
      どの短編も雰囲気が伝わる。不思議?ノスタルジー?いろいろな表現がある。その後の話をつい期待していまう。

    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      “恩田陸の予告編コレクション”
      まさに、その通り

      理瀬シリーズの理瀬が幼少期に父親に会う話や
      『六番目の小夜子』『夜のピクニック』の
      番外編があり、ハウルのようなファンタジー、
      回想で核心に近づくド...

      続きを読む
    • 2020/02/11Posted by ブクログ

      なんとなく もわっとして…確かに恩田ワールドな短編でした。六番目の小夜子や夜のピクニックとリンクしてる所もなんか?良かった。

    開く

    セーフモード