【最新刊】蟲師 外譚集

蟲師 外譚集

1冊

原作:漆原友紀 漫画:芦奈野ひとし・今井哲也・熊倉隆敏・豊田徹也・吉田基已

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    漆原友紀の『蟲師』をベースに、芦奈野ひとし(『コトノバドライブ』『ヨコハマ買い出し紀行』)、今井哲也(『アリスと蔵六』『ぼくらのよあけ』)、熊倉隆敏(『ネクログ』『もっけ』)、豊田徹也(『珈琲時間』『アンダーカレント』)、吉田基已(『夏の前日』『恋風』)の5名がオリジナル短編を創出、1冊の単行本に! カバーイラストは漆原友紀による描き下ろし!

    続きを読む
    ページ数
    193ページ
    提供開始日
    2015/05/15
    連載誌/レーベル
    good!アフタヌーン
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    7
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/27Posted by ブクログ

      本編が好きならこれらも嫌いではないだろけど、ギンコはシルエットでくらいしか登場しないので過度な期待をかけるとガッカリするかも…?ただの外伝集かと思ってたらいろんな作家の持ち回りの短編集でした…。個人的...

      続きを読む
    • 2016/11/07Posted by ブクログ

      本家「蟲師」をモチーフに、5人の漫画家さんが短編書いてくれました。

      どの話も、蟲と蟲師は脇役。人の営みの中で、不意に此岸と彼岸を行き来してしまった、まれな出来事として話は進んでいます。
      本家でも同じ...

      続きを読む
    • 2015/05/21Posted by ブクログ

      多分私はあんまりアンソロジー好きじゃないっていうのが前提なんだけど、同じような時代設定の話って本人以外が描く必要あるか?と思ったり。それなら、舞台を現代にがっつり変えた話の方が面白く読めた。
      ただ、そ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード