安野光雅の異端審問

著:安野光雅 著:森啓次郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    下剤と下痢止めを同時に飲むとどうなる? クジラは一年間にどのくらいの量の魚を食べるか? 画家・安野光雅が作りに作った珍問奇問110。答える「異端審問110番」の森啓次郎。審問を手に取材に街へとび出し走りに走る。ナンセンス・なぜなぜ審問と巧妙な解答が笑いを誘う奇想天外問答集。文庫版未収録のイラストを大量追加して電子書籍で復刊!・腎臓結石の石は、鉱物学的に見て何なのか。・刑務所の塀の高さと棒高跳びの世界記録ではどちらが高いか。・藪井、藪田、藪川などの姓を持つ医者はいないか。・日本歯科医師会の会長には虫歯があるか。・タヌキのきんたまは何畳敷か。・雀の涙は何グラムか。・フグを食ったサメは死ぬか。・自分の家の前に、さい銭箱をおいてお金を集めてよいか。・公衆電話では最高何時間話しつづけることができるか。・ロープウエイのロープは、どうやって山から山へと渡したのか。・「カイワレ大根」は大きくなると、本当に大根になるのか。ほか●安野光雅(あんの・みつまさ)画家、絵本作家、エッセイスト。1926年、島根県津和野町生まれ。教師を務めながらデザインや装丁の仕事を手掛け、1968年に『ふしぎなえ』で絵本界にデビュー。国際アンデルセン賞、紫綬褒章ほか国内外の数々の賞を受賞。2012年、文化功労者。『旅の絵本』『算私語録』『御所の花』ほか著書多数。●森啓次郎(もり・けいじろう)1948年、東京都生まれ。朝日新聞社に入社。『科学朝日』『週刊朝日』『フットワーク』編集部を経て、『アサヒパソコン』『ぱそ』『週刊朝日』編集長を歴任。CS放送のニュース報道番組キャスターも務める。文化学園大学、青山学院大学、東京藝術大学非常勤講師。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001524677","price":"770"}]

    セーフモード