野茂英雄から20年「メジャー記者の取材ノート」 心に残る選手たちの言葉。

水次祥子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1995年5月2日、ロサンゼルス・ドジャースに移籍した野茂英雄がメジャーリーグでデビューしてから20年。これまで51人の日本人選手がメジャーの舞台に立った。 本書はメジャーのポスト野茂時代を取材し続けてきた記者が書き貯め、保管してきた取材ノートから、選手たちの印象深い言葉の数々を振り返り、激動の20年間を辿る。 アメリカという異文化の中で、日本人がどう生き抜いたかを教えてくれる、貴重な一冊。【著者プロフィール】水次祥子☆米国ニューヨーク大学でジャーナリズムを学び(1993~1995年)、ライター、作家として執筆活動中。ニューヨークや東京を拠点に、取材分野はメジャーリーグを中心とした米スポーツ、米国やニューヨークの社会やカルチャーネタ、女性の恋愛や性などと多岐にわたる。主な著書は『格下婚のススメ』(CCCメディアハウス)、『シンデレラは40歳~アラフォー世代の結婚の選択~』(扶桑社文庫)、『メジャーの掟』(太陽出版)など。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001524549","price":"770"}]

    セーフモード