【最新刊】近代中国史

近代中国史

岡本隆司

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中国とは何か。その原理を理解するための鍵は、近代史に隠されている。この時代に、「幇」とよばれる中国団体をはじめ、貨弊システム・財政制度・市場秩序など、中国固有の構造がつくられたからだ。本書は経済史の視座から一六世紀以降の中国を俯瞰し、その見取り図を明快に描く。かつて世界に先んじた中華帝国は、なぜ近代化に遅れたのか。現代中国の矛盾はどこに由来するのか。グローバル経済の奔流が渦巻きはじめた時代から、激動の歴史を構造的にとらえなおす。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/29
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      【書誌情報】
      シリーズ:ちくま新書
      定価:本体880円+税
      Cコード:0222
      整理番号:1019
      刊行日: 2013/07/08
      判型:新書判
      ページ数:288
      ISBN:978-4-480-06...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      Ⅰ.ステージ、Ⅱ.アクター、Ⅲ.パフォーマンス、Ⅳ.モダニゼーション の四部構成で中国社会の環境、社会構造、そして明清代の「伝統経済」の実態、最後になぜ中国の近代化がヨーロッパや日本と異なる形になって...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      少々堅苦しく言えば、大変勉強になりました、という本です。でも、表現や記述はそれ程堅苦しくありません。「近代中国史」という表題ですが、近代中国経済史の観点から整理した中国社会構造の変遷と近代化の特質、と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード