【最新刊】梟の裂く闇

梟の裂く闇

1冊

著者:鈴木英治

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    十二年前、肥後の村で記憶を喪い、村人に助けられた谷五郎。妻女と子に恵まれ、平穏な一生を送る筈だった。だが、村に兵が押し寄せた時から、彼の運命が、大きく変わりはじめる──。書き下ろし時代長篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/30
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/16Posted by ブクログ

      伊賀者の霧生重蔵と明から来た伝林坊との壮絶な死闘.迫力のある描写だった.そこに至るまでの流れは,関ケ原の戦い後の駆け引きに始まり,徳川家康や秀忠が登場する.重蔵は怪我をして倒れていたところを救われて,...

      続きを読む
    • 2015/07/18Posted by ブクログ

      一昔前にあったパターンの気が
      徳川幕府成立時の闇を天才伊賀忍び者を通して描く
      それゆえに抹殺されかかって記憶を失い穏やかな日々を
      そこに何故か戦国を引きずる藩主
      福山藩主の影を慕い誰に挑むのか、そして...

      続きを読む

    セーフモード