【最新刊】九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史

九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史
1冊

著者:山本聡美

1,555円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

最新刊を購入

カゴに追加

腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/04/09Posted by ブクログ

    人間の死体が腐敗し、白骨化してゆく様子を九段階で描き出す「九相図」と呼ばれる絵画。西域より中国を経て仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの一連の図像は 時代の流れに沿ってそのもつ意味合いを変化...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2016/11/09Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2015/07/11Posted by ブクログ

    九相図に関してまとめた一冊。手に届く範疇で唯一か。年表や図像も見やすく(とはいえ図録の方が見やすいのは言うまでもないが)、資料も原文・現代語訳等を掲載紙非常に読みやすい。これを足がかりにして更に奥へと...

    続きを読む

セーフモード