ヴァージンハウス 2巻

完結

花津ハナヨ

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

▼第11話/それでいいんだよ ▼第12話/あいつはただの元カレなのよ!! ▼第13話/見に行きたくなんかないわよ!! ▼第14話/ほっとけないわよ!! ▼第15話/蚊帳の外ってコトかよ!! ▼第16話/コレでいいのよ!! ▼第17話/タダじゃ起きないわよ!! ▼第18話/どーせ凡人よ! ▼第19話/…って本気なのかよ!! ▼第20話/“はじめての人”かもよ? ▼第21話/これでいい。これが、いい。 ▼第22話/初体験。 ▼第23話/女子達に、明日はある。 ●おもな登場人物/白石ユキ(26歳。カメラマンの夢を捨て、中堅メーカー事務職に就くもリストラに)、氷川藍子(27歳。中堅メーカー総合職のエリートだったがリストラに。インテリア会社の起業を目指す)、森野スミレ(26歳。派遣の受付嬢だったがリストラに。新しい派遣先と男を探す) ●あらすじ/なし崩し的に“ヴァージンハウス”に居候し始めた、ユキの元カレ・新。“女の園に男が一匹”状態にいらだつ藍子は、早々に出て行けと啖呵を切りながら起業セミナーへ、そしてユキも大切なカメラの修理のため外出する。独りになったすみれはシャワーを浴び始めるが、そこへ新が戻ってきてしまい…(第11話)。 ●本巻の特徴/自分のやりたいことに正面から向き合い、カメラマンになる決意を固めたユキ。だが、ようやく採用された会社にはイヤミな年下の先輩・櫻井がいて…!? 恋も仕事もあきらめない、負け犬オンナたちのルームシェアコメディー、ここに完結!! ●その他の登場人物/斉藤新(26歳。貧乏小劇団の脚本家。ユキの大学時代の元カレ)、櫻井(19歳。ユキが入社した写真事務所の先輩。口は悪いがカメラの腕は確か)

続きを読む
  • ヴァージンハウス 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ヴァージンハウス 全 2 巻

    1,210円(税込)
    12pt獲得

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード