ホンダ非常事態―週刊東洋経済eビジネス新書No.107

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ホンダにアクシデント発生――。13年に鳴り物入りで投入した3代目「フィット」が、短期間に5回のリコールを出し、タカタ製エアバッグのリコール問題では、対応のまずさでホンダに批判が集中。米国の安全当局に対する報告漏れという失態も明るみに出た。ホンダにいったい何が起こっているのか。 6月に退任予定の伊東社長の独占インタビューや創業者・本田宗一郎氏の半世紀前のインタビューも掲載。本田氏は「50になってから重役になるなんてことが不思議でしょうがない(中略)。日本の経営者というものはもう古すぎる」と語っていた。50代の新社長の下、ホンダは復活できるのか。 本誌は『週刊東洋経済』2015年1月17日号等掲載の26ページ分を電子化したものです。●●目次●●独占インタビュー 本田技研工業(ホンダ)代表取締役社長 伊東孝紳飛躍の準備は万全か。ホンダ社長交代の狙い【ホンダ3つの失敗】危機は日米同時多発的に起きた 600万台、6極体制。「6の呪縛」がなかったか創業者ならどうする? 本田宗一郎の「格言」伝説の名経営者インタビュー 本田技研工業社長(当時) 本田宗一郎ホンダにモノ申す! モータージャーナリスト清水和夫氏の直言やまぬ、タカタショックNHTSAに集まる批判

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001523509","price":"220"}]

    セーフモード